teeth-trouble-with-dokunoの画像

hi-ku-min

こんにちは、Ku-minです。読脳を学んで3年目(スクールの専科2年で学んでいます。)

この記事では、歯医者で治らない症状について記事を書いています。

こんな悩みで困っていますか?
  • 歯科で治療を重ねてきたが、全く良くならない。
  • 何件も歯科を変えて、治療したが、症状が一向に良くならない。
  • この辛い歯の症状をなんとか良くしたい!

それから、こんなお悩みの方にもお役に立てる可能性があります。⬇️

  • 歯医者に行きたいけどコロナ渦でためらってる。
  • 歯医者が大嫌いだから調子が悪いのを我慢している。
  • なんとも表現しえない口腔内のトラブルがある。
  • 子育て中なので、突然の子供の口内のトラブルに対応してあげたい。

ok-ku-min

今すぐ、なんとかしたいという方は、
読脳アカデミーのスクール1日体験入学」
CWアカデミーオンライン講義の受講の詳細はこちらからどうぞ!

この記事をお読みいただいてる、辛い症状の方へ、
私の学んでいる「読脳法」では、自分の持っている症状の原因を探って自分で良くする事ができるようにするという学びをしています。

自分で治す方法というのは、「CWハピネスフィロソフィー読脳」このロジックの上に成り立っている調整法で、症状を良くする事が、最終目的ではなく、自己探求や自分研究をすることの上で、今、起こっている症状の原因を探し自分で調整できるようにていく学びです。

books-with-ku-min

「CWハピネスフィロソフィー読脳」についての記事はこちらからどうぞ!

オンライン講義が好調です!沖縄から北海道まで全国どこからでも 自宅から受講できるということで、毎回、様々な問題を抱えた方々が講義に参加されています。現代医学で治らないと言われるパーキンソンや、ジストニア、筋萎縮症、リウマチ、その他 様々な辛い症状を抱えながら、読脳を学んで自分で乗り越えるべく日々、仲間たちと学びを深めています。そんな中、やはり口腔の問題を抱える方が多くいます。歯科で治療を重ねてきたが、全く良くならない。噛み合わせや顎の問題等において伊東先生は、講義中に スクール生全員の見ているオンライン上で、あっという間に調整ポイントを読み出し顎を動かし症状を変化させる等、Youtubeであるような驚きの現象を、毎回 見せてくれます。

今回の記事では、「CW歯科研究会」が行われていた2014年9月の動画で、
Youtube[1333:歯肉の腫れは膵臓の状態を知らせるサイン。]を記事にしました。

point-ku-min

では、まず動画をみてみましょう!

歯医者で治らない症状は原因がある!糖尿だったケースを読脳で解決!

2014年9月 「CW歯科研究会」で、青森の歯科「ひまわり」にて
なかなか良くならない「歯茎の腫れ」について、伊東先生が患者さんの脳の情報を読みながら原因を探っていきました。

歯肉の腫れは膵臓の状態を知らせるサインだった!

[動画を文字起こしして会話風にしてみました。]

  患者さん  患者さん

よろしくお願いします。歯茎が腫れて困っています。

伊東先生伊東先生

はい。よろしく!


  歯科医  歯科医

右上の2番の歯茎が、6ヶ月前から腫れたり引いたりを繰り返しています。歯は、健康で虫歯もないんです。こういう時は、「歯磨き 出来てないんじゃない?ちゃんと磨いて!」って言いたいところですが....。


  患者さん  患者さん

ちゃんと磨いてます!!

  歯科医  歯科医

こういう場合、通常 歯科医では、抗生剤を出したりするんです。

伊東先生伊東先生

ん〜そうなんですね。その症状はいつから訴えてるわけ?

  患者さん  患者さん

ええと、半年くらい前からです。

伊東先生伊東先生

ええ〜!!半年くらい前から、その腫れをうったえてるわけ?随分 長いですね。それ、違和感あるんですか?

  患者さん  患者さん

歯磨きするとしみたり、冷たいものがしみたりしていたんですけれど、今は、ずいぶん良くなってきました。

伊東先生伊東先生

本人は、そんなに違和感はないけれど、触れば腫れているっていうことね。痛みはあるんですか?

  患者さん  患者さん

痛みは、それ程、ないかなぁ?

伊東先生伊東先生

ん〜、今はしみもしないし、食べても特に違和感もないし、辛いわけでもないし、なのに歯科医院にきて、どうしてもらいたいわけ?

  患者さん  患者さん

痛くなるんじゃないか?とか、もっと悪くなるんじゃないかとか不安で、それで相談にきたんです。

伊東先生伊東先生

ん〜そういうことね。読脳すると、そういう不安を持ってる患者さんが、3割来てるって。歯科医は不安をあおって、ちょっとでも何かあったらすぐ来てくださいと言う。そんな風に不安をあおってるから患者さんの3割は不安で診察にきている。患者さんは不安になっちゃってる。その不安は本当に不安として考えなきゃいけない材料なんだろうか? ここですよね。


ここで、伊東先生読脳します。

伊東先生伊東先生

右上の2番の腫れが半年前。1年、2年、3年、4年!!1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ヶ月!4年10ヶ月前に、スイッチが入ってスタートですよ。

伊東先生伊東先生

それは何が原因か?首から上か?そう言っています。じゃあ半分にして右?ない!左?左です。左のどこ?頬骨?頬骨ですよ!頬骨前頭だって!それは......糖尿です!!

  歯科医  歯科医

ええ〜っ!!糖尿なんですかぁ?

  患者さん  患者さん

えええ〜っ!!糖尿??

伊東先生伊東先生

今まで、糖尿の心配ってしたことありました?

  患者さん  患者さん

全くないです。考えたこともなかったです。びっくりしてます。

伊東先生伊東先生

広背筋!左の広背筋がもう弱くなってますよ。立って!チェックしてみましょう。

伊東先生が読脳して出した情報を、本人がわかるように筋肉を使った反応で確かめます。

  歯科医  歯科医

広背筋ですか?糖尿?

伊東先生伊東先生

広背筋はここです!ウエストの腸骨からこう入ってきて腕の内側に付いている筋肉ね。骨盤からウエストのあたりの広背筋がおかしい!肘をまっすぐにして腕を体にしっかりくっつけて!

伊東先生が腕を外側に引っ張ると...。
  歯科医  歯科医

あっ、弱いです。力が入らないようです。

伊東先生伊東先生

力が入らないですね。今度は右手でここ(膵臓)を触って!同じく肘をまっすぐにして腕を体にしっかりくっつけて!

膵臓の位置を本人が触って再度、伊東先生が腕を外側に引っ張っぱります。
  歯科医  歯科医

わっ、ビクともしないです。

伊東先生伊東先生

今度は、左の頬骨を触って同じようにタッチ検査すると、

  歯科医  歯科医

ん〜、ビクともしないです。

伊東先生伊東先生

糖尿ですね。

  患者さん  患者さん

両親が、高血圧と糖尿です。

伊東先生伊東先生

ん〜、だから持ってるんですよ。それが原因で、歯に出て。でももっと色々なところに出てるはずですよ。今回は歯科医師との関係で、歯の症状ということで探していくと、結局見つかったと。たまたま、今日は私が歯科にきているということで見つけたと。頬骨っていうのは、ここと、ここと、ここ、3箇所でくっついているんです。糖尿の時は頬骨のここに問題が出るってことがわかってるわけ。

  歯科医  歯科医

ええ〜っ、わかっているんですねぇ。

伊東先生伊東先生

わかっているんですよ。当てはまらない人もいるんだけど、それで今試してみたわけね。

  歯科医  歯科医

ん〜、そうなんですねぇ〜。

伊東先生伊東先生

血液の検査しなくったって頬骨にでる!頬骨にでなくたって肩に出るとか。腰に出るとか。いろんな形で出るんですよ。だからいろんな形で見つけてあげないと、、血液検査で出る頃には、ああ〜もうダメね。ってなるわけ。

  患者さん  患者さん

はぁ。そうなんですね。

伊東先生伊東先生

症状はサインなんですよ!そういうのがないと僕は見つけようがないでしょ。だから色々、症状はあったほうがいいですよ。痛いから訴えるからいいんじゃなくて、パッとみておかしいということを感じれば、。そっから入っていってこういう形で見つけることができれば、それはもう、CW療法ですよね。結果として膵臓を良くすると歯茎の腫れは引くんだって。

  歯科医  歯科医

えええ〜っ!

  患者さん  患者さん

えええ〜すっごい!!

伊東先生伊東先生

支持骨の調整を1日1回で、1年くらい続ければ、膵臓の問題はゼロだって!!っていうことが見つかった!!これは今の医学じゃあ、わからないですよ。

  患者さん  患者さん

よかったぁ〜!!

伊東先生伊東先生

だからその腫れてるのは、今の状態を知らせるサインであり、バロメーターですよ。だからだからその腫れを処置しようとして麻酔をしたり治療をしたりしてはいけない、バロメーターなんだから。サインでありバロメーターなんだからそこを無くしちゃうと原因がどのくらい良くなったのかわからなくなっちゃうんですよ。だから良くしちゃダメなんですよ!!特に口の中の問題は原因があって出ている問題ですから。症状はバロメーターとして使うべき!その前はセンサーとして使うべきですよ。

  歯科医  歯科医

そういうことだったんですねぇ〜。

伊東先生伊東先生

そう、だから、歯の治療じゃなくて、糖尿病を治す調整をしなきゃね。今の医学に糖尿病を調整するなんてないですよ。だからCWなんですよ。

で、支持骨の調整に入ります。右第五中足骨近位部外側EX5A、右立方骨EX、右第3楔状骨EX5P、調整後今の調整は正しかったか確認をして100%オッケー、今日の調整は終わりです。[/char]
  患者さん  患者さん

わぁ〜、ありがとうございました。

伊東先生伊東先生

今日の治療はどのくらいの価値がありましたか?

  患者さん  患者さん

そうですね、数百万円です!!だってこの先糖尿病になってしまうことを考えたらそのくらいの価値はあります!

伊東先生伊東先生

痛みや症状をきっかけにいろんなことがわかるんですよ。そういうことに価値があるということですよ!

  患者さん  患者さん

そうですね。今日はありがとうございました。

伊東先生伊東先生

はい。

  歯科医  歯科医

はい。

伊東先生は、45年に渡る読脳法の研究開発で、歯のトラブルを口腔内だけの問題とは考えず、身体全体をみながら、その人が体験してきた出来事も捉えながら、 読脳して原因を追求していく方法を開発しました。

歯の症状を自分で治そう!と思う方へオススメの本があります。

自分で治せる本の画像

 

DOKUNO SHOPから購入出来ます。

歯医者で良くならない症状の原因は歯にない
自分で直せる!

DOKUNO SHOPこちら

 

マンガ自分で治せる本の画像

マンガ版 自分で治すシリーズ2
「歯 顎 舌 口の中のトラブル 原因を知ればじぶんでも治せる!

 

DOKUNO SHOPこちら

まとめ

odoroki-ku-min

みなさん、今日の話、いかがでしたか? ホント驚きましたね〜。歯茎の腫れの原因が膵臓だったなんて!! あっ、動画に登場していた歯医者さん!元歯科医のはっちゃん登場!!こんにちは!

はっちゃんはっちゃん

こんにちは!!今回の動画は、2014年9月 「CW歯科研究会」の話ですが、本当に驚きの連続でしたよ!

伊東先生伊東先生

こんなことを言えるのは私しかいませんから!歯科医は何も知りませんよ。症状は取っちゃダメなんですよ。歯科で治療したのに治らない人ってたくさんいるでしょ。歯の症状は、センサーなんですから。身体の症状も同じです。

 はっちゃん はっちゃん

そうですね。歯に出ている症状に対する治療が必要ないということや、身体のシステムに沿った調整がある事を、伊東先生に教えていただきました。症状の原因は歯にないんだから、歯は削っちゃダメなんだ!それから、歯はセンサーで、バロメータであるという本当のことがわかり、私は、歯科医を辞めました。

happy-crying-ku-min

なんと!人生の大きな決断だったでしょうね。

はっちゃん!!はっちゃん!!

今までの経験を生かしつつ、本当の意味で人の役に立つ為には、何が必要なのか、今、スクールで学んでいます。

book&ku-min

私も学び始めたのは母の介護がきっかけでしたが母が他界してからも学びを続けています。正直、簡単に理解できるロジックではありませんが、だからこそ、学びを深めていきたい気持ちに狩られますね。

はっちゃんはっちゃん

症状を治療するのではなく、症状には原因があるという考え方に、最初はとまどいましたが、症状はサインなんだというロジックに基づいて、調整をすると、次々と、見事に結果が出てきて、これは本物だと衝撃をうけました。今は、症状の原因や、生き方の問題、幸せとは?を、読脳のスクールで学んでいます。本当の意味で、人の役に立つとはどういう事なのかを学んでいます。

追記

読脳で「症状を治療できる」という誤解をされませんように。最後にお知らせです。読脳は治療ではなく、自分らしい生き方の学びです。

伊東先生伊東先生

皆さんよく間違われますけど、私は治療はしません。治療はしてないです。勘違い、誤解しないように。調整で良くなることはあるけれど、それは一時的です。時間が経てば戻ってしまう。だから自分で学んで自分で調整することが必要で、それをこのスクールで 教えています。一番重要なのは読脳のベースにあるハピネスフィロソフィーですよ。ここがわからないと読脳はできないです。

book&ku-min

「CWハピネスフィロソフィー読脳」は、生まれた時にそうであった愛幸せ100%で生きるための哲学です。一人一人が自分らしく生きるとは?の学びです。

最初の頃は、「症状」と聞けば、どうしても治療という発想になってしまいますが、それは脳の回路が 社会システムや教育によって、そのように固定されているからだと感じます。

読脳アカデミーでの学びは、症状とは一体なんなのか、何がきっかけで?と深掘りしていき、本当の原因を導く。講義を聞いていくと次第に 症状治療薬というスタンダードなループから逃れることができるようになっていきます。
固定された脳のシステムが解除されれば、見失った自分が見えてくるわけです。
少しづつ自分を取り戻し、自分の生き方が見えてくれば、症状はなくなっていく。または、生きる力が上回って、症状に振り回されなくなるというロジックです。

clap-ku-min

はっちゃん!今回は登場ありがとうございました!

 はちゃん はちゃん

こちらこそありがとう!歯の問題で、伝えたい事がたくさんあります。また、やりましょう!

おわり

coffee-ku-min

長文になりましたが、ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございました。この記事が、ほんの少しでも お役に立てていただけたら嬉しく思います。

読脳アカデミーでは、自宅にいながらオンラインで受講ができます。17才から80代のご夫婦、どこへいっても良くならない難治な難病を抱える方々が果敢に「生きる」に向き合い、自身で調整をしながら、症状に変化が現れています。不自由な身体から沢山の事を学びながら希望と勇気を獲得しています。「病気になって本当に良かった」と笑顔で言えるスクール生がいる。そんな空間で、次々と病院で治らない症状を抱えた方々が講義に参加され 学び始めています。辛い症状は、自分を見失っている状況だから、伊東先生の講義を聞きながら、質問しながら、皆と意見を交換しながら、絡んだ糸をほぐすように自分らしさを取り戻しています。 CWアカデミーオンライン講義の受講の詳細はこちらからどうぞ!